HOME > トップページ

エネオスを利用するなら

ENEOS(エネオス)をよく利用する方におすすめしたい年会費無料のカードが楽天カードです。

ENEOS(エネオス)を利用するならENEOSカードと思う方も多いと思いますが、年会費に関してですが楽天カード年会費は条件なしで完全無料です。

一方、ENEOSカードは初年度は条件なしで無料ですが次年度以降はENEOSで年に一度以上利用しなければ年会費1312円が必要になります。
続いて、ENEOS(エネオス)で利用した際の割引・ポイント付与率について比較します。

まず、楽天カードは、ENEOS(エネオス)で利用すると100円のカード利用ごとに2ポイント(2円相当)が貯まります。

ENEOSカードは、ガソリン・軽油の給油で1L毎に2円が割引かれます。

現在のガソリン価格は1L140~160円ですので、例えば1L150円だとして10Lの給油をした場合、ENEOSカードでは20円の割引になります。

一方、1L150円のガソリン10Lの代金1500円を楽天カードで支払うと1500円の2%の30ポイント(30円相当)が付与されます。

このようにわずかではありますがENEOSカードでは20円の割引のところ、楽天カードでは30円相当のポイントが付与されるため、楽天カードの方がお得ということになります。

以上の比較から、あなたがENEOS(エネオス)もっともお得にガソリン代を支払いたい!

と、考えている場合は楽天カードで支払えば間違いありません!!

今なら、楽天カード入会&カード利用でもれなく5000楽天ポイント(5000円相当)が貰えるキャンペーンも行っていますので、この機会を上手に利用してみてはいかがでしょうか?

>>楽天カードの申込みはコチラ

ガソリンカード比較

ここでは、エネオスカードを含めたお得なガソリンカードを比較していきます。

【エッソ・モービル・ゼネラル】
JCBカード
ポイント2倍になる優遇サービスあり[初年度年会費無料]
[2014年7月31日までの申し込みで最大5,500円分キャッシュバックキャンペーン中!]

【出光】
NTTグループカード
1Lあたり2~40円引き)[ウェブ明細の場合、年会費永年無料]
[2014年9月30日までの申し込みで最大10000円分キャッシュバックキャンペーン中!]

出光カード「まいどプラス」
ガソリン軽油1Lあたり2円引き、ガソリン軽油1Lあたり3円引き)[年会費永年無料]

【ENEOS・JOMO】
楽天カード
ENEOS・JOMOでポイント2倍(100円利用で2円相当のポイント獲得))[年会費永年無料]

【スリーダイヤ】
三菱商事石油・イオンカード全国のスリーダイヤのSSでカードを利用すると、ときめきポイントを通常の2倍プレゼント
[年会費永年無料]

【宇佐美】
ジャックス「Extreme Card(エクストリームカード)」
全国の宇佐美SSでカードを利用すると、ハイオク・レギュラー・軽油が1リットルあたり2円値引き
[初年度年会費無料(次年度も30万円以上の利用で無料に]
[2014年9月30日までの申し込みで最大8300円分プレゼントキャンペーン中!]

【コスモ石油】
コスモ・ザ・カード・オーパス入会から最大3ヶ月間、初回給油から最大50リットルまで、1リットルにつき10円キャッシュバック)[年会費永年無料]

【サービスエリアの給油で割引になる】
プレミアムドライバーズカード
1Lあたり3円引き)(※ロードサービス無料付帯)[初年度年会費無料]


エネオスカードの海外旅行保険




ENEOSカード

海外旅行には欠かせない『海外旅行保険』。

保険会社に直接お願いすることもできますが、クレジットカード等についている海外旅行用の保険サービスを使う方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

手間も省けますし、何より料金がおさえられても補償がしっかりしているからです。

『エネオスカード』の海外旅行保険は補償金額も高く、何より年に一度買い物に使うだけでカードの年会費が無料になるサービスがあったこともありかなり多くの方達から支持されていました。

ネットで海外旅行の保険などを検索すると今でもランキングなどに名前が出ています。

しかしエネオスカードは2010年9月30日に「ENEOS VISAカード」「ENEOS MasterCard」に自動付帯されている海外旅行傷害保険サービスを終了してしまったようです。

また年会費についても、今まで年に一度買い物をするだけで無料になった「年会費無料条件」が2010年10月より廃止、年会費1,312円(税込)がかかる様になってしまいました。

ですがその代わりガソリンのリッター割引などは以前より増えているようです。

しかし『エネオスカードの海外旅行保険』は旅行者にとってとてもありがたいサービスだっただけに、落胆する利用者も多いようです。

エネオスtカード


「黄×青」の個性的なデザインでおなじみの「tカード」は、さまざまな企業との提携があり、いろいろなシーンでお得に活用できることでも注目されています。
そのひとつに「エネオスtカード」があり、「JX日鉱日石エネルギー」の「カーライフサポート」のひとつとしても紹介されています。

まず、「エネオスtカード」の大きな特徴として、ガソリンスタンドで「Tポイント」が使えるのはENEOSだけという点があげられます。
「エネオスtカード」は、給油をはじめ、洗車、オイル、タイヤの購入でも利用でき、200円につき1ポイント(1円)が貯められ、しかも、1ポイントから使うことができます。

また、「エネオスtカード」は、ENEOSのサービスステーションでつくれるため、ENEOSを利用する機会が多い人には、この機会にカードを持つことをお勧めします。

「Tポイント」とは、ENEOSサービスステーションをはじめ、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイントの提携先で利用する金額に応じて貯められるポイントのことです。

「エネオスtカード」については、TポイントとTカードの総合サイト「T-SITE」のなかでも紹介されています。
ちなみに、「T-SITE」では、SNEOSについて「さまざまなサービスで、あなたのカーライフをサポート」とのキャッチコピーが掲載されており、SNEOSの特徴を垣間見る想いです。

   

エネオスの車


車に乗り続けるために必要な「車検」は、多くの業者が取扱っているほか、メカに強い人の間では、自分でできる「ユーザー車検」も人気になっています。
車の走行中のトラブルを最小限に抑えるためにも、車検を受けるためには、信頼できる業者を選ぶことが大切ですが、「DD車検まかせ太くん」はその代表的な存在です。

「DD車検まかせ太くん」とは、「JX日鉱日石エネルギー」が取り組んでいる「カーライフサポート」のひとつで、「エネオスの車検」としても知られています。
「エネオスの車検」は、国家資格整備士など車検のプロが実施するため、安心して任せられるほか、事前見積など車検費用が明瞭化されているところにも特長があります。

また、「国土交通省地方運輸局認可」の自社整備工場を完備していることが、高品質の車検ができる条件にもなっています。(提携工場の場合もあり)
もちろん、車検実施後は、6カ月ごとの「無料安全点検」が受けられるため、安心・快適なカーライフを楽しむことができます。

「エネオスの車検」では、車の状態や予約状況にもよりますが、朝に車を預けて夕方には引き取れる1日での車検も可能です。
なお、予算や整備内容を参考にして、「エコノミーコース」「セーフティコース」「パーフェクトコース」の3つのコースから選ぶこともできます。

エネオスの店舗情報


クレジットカードは、提携先の企業で利用することにより、ポイントの有効活用ができるなどのメリットがあり、クレジットカードをつくるときに有効活用が可能です。

「エネオスカード」でおなじみの「エネオスの店舗情報」は、「JX日鉱日石エネルギー」のサイトから確認できます。
たとえば、「JX日鉱日石エネルギー」サイトからは、近くの「Dr.Driveサービスステーション」の検索ができるため、洗車や車検などの利用にも大変便利です。

また、「エネオスカード」の提携先企業サイトにも「エネオス店舗情報」が紹介されており、お得なサービス内容をかいつまんで得られるなどのメリットがあります。

そのひとつ、「JALマイレージバンク」では、「約12,000店舗、日本最大のサービス網」として、JX日鉱日石エネルギーのサービスステーション(ENEOS)が紹介されています。
また、マイル積算対象や積算方法など、お得な情報や利用上の注意点などが掲載されているため、大変便利です。

ほかにも、「エネオスの店舗情報」は、「QUOカード」(クオカード)の加盟店情報としても紹介されており、一部店舗で利用可能なことがわかります。
そこでは、ENEOSのオリジナルプリペイドカード「ENEOSプリカ」について、「ギフト用・贈答用」「サービスステーション店舗販売用」などのラインナップの掲載があります。

エネオスの洗車


車を持っている人は、その便利さを実感する一方で、ガソリン代をはじめとする日常の維持費や、キレイな状態で保管するためのくふうが必要になります。

「洗車」は、車を長くキレイに保つためにも欠かせない作業ですが、自宅でするには、場所がない、時間が取れないなどの課題もでてきます。
また、手洗いだけでは十分な汚れが取れるかどうかも心配になりますね。

そんななか、注目されているのが、エネオスカードでもおなじみの「JX日鉱日石エネルギー」による「カーライフサポート」のひとつ「DD手洗い洗車」です。

「DD手洗い洗車」は、「エネオスの洗車」としてもおなじみで、自分でするよりも断然キレイにできる、近くのSSでできるなどの特長があります。
また、エネオスの洗車では、メンテナンスもいっしょに受けられるため、より充実したカーライフを楽しむことができます。

なお、エネオスの洗車では、きめ細やかな泡シャンプーと羊毛100%のムートンパッドを使うため、車の隅々まで丁寧に洗えることでも大変人気があります。
また、一定の基準を設けた研修を受けた「Dr.Drive」による、洗車のプロとしての強いこだわりが反映されています。

ちなみに、「JX日鉱日石エネルギー」サイトの「洗車ナビ」を利用することで、自分に合った洗車メニューをみつけることができます。

【エネオスカードの家族カード】

「JX日鉱日石エネルギー」の「エネオスカード」には、「トヨタファイナンス」と「三菱UFJニコス」が発行するカードがあり、それぞれに「家族カード」の発行が可能です。

「家族カード」の発行は、多くのクレジットカードが取り入れているサービスで、引落口座を本人会員口座にまとめられるなど、家計管理に便利な点でも重宝されています。

エネオスカードの家族カードも例外ではなく、上記のメリットのほかにも、本人会員と同じサービスや特典が受けられることが大きな魅力です。
たとえば、年会費無料のロードサービスは、エネオスカードならではの大きな特徴だといえます。

なお、エネオスカードの家族カードの発行は、加入している本人会員カードに追加する形で行います。

「トヨタファイナンス」のカードは、3種類のカードラインナップから選べる「ENEOSカード」(C・P・S)に追加カードとしての発行申込を行います。
そのためには、電話での「自動音声応答サービス」か「カード会員様専用ページ」から「申込書」を申請後、「ENEOSカード家族カード追加申込書」を提出します。

一方、「ENEOSカード(NICOS)」も、「NICOS資料請求ダイヤル」または「NICOSのWEB会員サービス」から「家族カード追加申込書」を請求した後に申請が必要です。

【エネオスカード(ニコス)】

エネオスサービスステーションなどでの利用が大変お得な「エネオスカード」として、「三菱UFJニコス」の「エネオスカード(ニコス)」が注目されています。

こちらのカードの大きな魅力は、毎月の利用金額に応じて、ガソリン・軽油代金が最大7円/1L引きになることです。
また、24時間365日体制の「カーレスキュー」も電話1本で対応、10kmまでのレッカー車での移動や路上での修理代(30分まで)が無料になるので、万一のときにも安心です。

さらに、初年度年会費が無料で、しかも、家族会員会費は永年無料になるほか、本人会員と同じサービスや特典の対象にもなります。
なお、家族会員カードの代金支払いも本人会員と同じ口座からですので、家族のカード利用状況の把握にも大変便利です。

もちろん、高速道路走行に便利な「ETCシステム」に必要な「ETCカード」の付帯発行も可能です。
 
また、エネオスカード(ニコス)には、「三菱UFJニコス」ならではの大変お得な「NICOS特典」があります。

購入した商品の事故や火災、盗難時に損害補償が受けられる「ショッピングパートナー保険」、カードの紛失や盗難に対応できる「カード盗難保険」も大変ありがたい存在です。
さらに、「NICOSネットセーフティサービス」も受けられるため、安心してオンライン取引ができます。

【エネオスカードのロードサービス】

「トヨタファイナンス」が発行する「ENEOSカード」には、利用目的によって選べる「C・P・S」の3種類のカードがあることでも注目されています。 
また、「ENEOSカード」は、エネオスサービスステーションでの給油などに大変便利なカードですが、「ロードサービス」が付いていることも大きな特徴です。

「エネオスカードのロードサービス」は、車の運転中に不測の事態が生じたときでも、電話1本で出動依頼できる大変便利なサービスです。
こちらの出動拠点は、全国約9,500カ所にあり、365日・24時間体制での受付で、依頼から30分~1時間で現場へ行けるという大変素早い対応が可能です。

エネオスカードのロードサービスの対象車両は、車両総重量3t以下の自家用4輪車で、一部離島を除く日本国内全域が対象地域になっています。
また、レッカー車での移動が必要なときは10kmまでは無料、路上修理(30分以内)のうち、キー閉じ込み開錠サービスも無料の対象ですので、詳細については利用時に確認をお勧めします。

なお、エネオスカードのロードサービスには、年間に利用するロードサービス3回目以降の出動費用が実費になるなど、有料の対象になるサービスもあります。
その場合、代金支払いのためにENEOSカード(C・P・S)の利用も可能です。

【エネオスカードのETCカード】

「エネオスカード」には、ガソリン割引がお得な「ENEOSカードC」、ポイント還元が魅力の「ENEOSカードC」、年会費無料が可能な「ENEOSカード S」という、3種類のカードがあります。

「トヨタファイナンス」が発行するこれらのカードには、「家族カード」「ETCカード」などの追加も可能で、それぞれのライフスタイルに合わせて選ぶことができます。
なかでも、高速道路出入り口の料金所をスムーズに通過できる「ETCシステム」は大変便利で、そのために必要なETCカード選びは大きな関心事になっています。

「エネオスカードのETCカード」には、エネオスカードに含まれる特典が、ETCカードの利用分も対象になるため大変お得だといえます。 
こちらのカードの申込は、電話やインターネットを利用して、手持ちのエネオスカードに追加する形で行います。

気になる年会費ですが、ETCカードの年会費は、本人会員・家族会員ともに無料です。
なお、カードの管理にも大変便利な「ETC一体型カード」もあり、こちらは、クレジッドカードの年会費が別途必要になります。

また、エネオスカードのETCカードは、三菱UFJニコスの「ENEOSカード(NICOS)」の付帯カードとしても発行できますので、こちらのほうも知っておくと大変便利ですね。

【エネオスカードのTポイント】

日常の買い物から公共料金の支払まで、なにかと便利なクレジットカードには、国際ブランドをはじめ、いろいろな企業と提携しているところも少なくありません。
エネオスサービスステーションでおなじみの「エネオス」もそのひとつで、ガソリンスタンドで「Tポイント」が使える貴重な存在として注目されています。

「エネオスカードのTポイント」は、エネオスサービスステーションでの商品購入200円に1ポイントが貯まります。
しかも、ポイント付与は2~3日後という速さも大きな魅力で、ガソリン給油時などに1ポイント(1円)から使えるという、大変実用的なこともうれしいですね。

このように大変便利な「Tカード」は、エネオスサービスステーションで発行ができ、使用するときは、Tカードとともに決済用クレジットカードが必要です。
なお、エネオスカードのTポイントを使うためには、「Tサイト」への情報登録が必要ですが、携帯電話や郵送でもできます。

また、エネオスカードのTポイントは、TSUTAYAをはじめ、ファミリーマートなどの提携先で利用額に応じて貯めることもできます。
もちろん、一部提携先での使用や、提携先発行のポイントとの交換も可能で、いろいろなシーンでの利用できる点にも注目されています。

エネオスカードをポイントで選ぶ

【エネオスカードをポイントで選ぶ】

「トヨタファイナンス」が発行する「エネオスカード」には、「C・P・S」の3種類のカードがあり、利用頻度に合わせてお得なカードを選べるところに特徴があります。

キャッシュバックタイプの「ENEOSカード C」は、1L当たり最大7円引きという「ガソリン割引」がうれしい大変お得なカードです。 
スタンダードタイプの「ENEOSカード S」は、年1回の利用でも「年会費無料」になるのがうれしいですね。

また、使えば使うほどポイントが貯まる「ENEOSカード P」は、最大3%の「ポイント還元」が大きな魅力です。
こちらのカードには、エネオスの利用で1,000円ごとに30ポイント、一般加盟店で1,000円ごとに6ポイントが付くほか、「クイックペイカード」「家族カード」「ETCカード」も対象になります。

このように、利用目的別に選べるカードですが、エネオスカードをポイントで選ぶのなら「ENEOSカード P」がお勧めというのは納得ですね。
また、どのカードがいいのか迷う場合は、「JX日鉱日石エネルギー」サイトに掲載されている「メリット診断」を利用することで、自分に最適の1枚を選ぶことが可能です。

なお、エネオスカードのポイントは、キャッシュバックやマイルに交換できる「ベーシックコース」と、商品券などに交換できる「バラエティーコース」があります。

エネオスカードS


エネオスカードSはエネオスカードの種類が3種類ある中でスタンダードタイプのカードです。1年に1回カードを使えば年会費は無料になりますので、実質年会費無料のカードといってもいいカードになるのではないでしょうか。そして気になるガソリン代ですが、ガソリン代、軽油代は、ずっといつでも1リットル当たり2円割引してもらえるので、エネオスでガソリンをよくいれるという人はとってもお得になります。エネオスカードSはいつでもガソリン代が値引きになりますが灯油についてもいつ使っても1リットル1円割引になります。1年に1回でもカードを利用していれば年会費が無料になるわけですからこれは楽勝でこの条件をクリアすることができるのではないでしょうか。

また他にも特典があり、カーメンテナンス商品、ショッピングを利用してもポイントがたまります。ポイント有効期限は2年間でカーメンテナンス商品を購入すれば利用1000円で20ポイントたまりますし、一般の加盟店で利用した場合には1000円で6ポイントたまる仕組みです。1000ポイントたまれば1000円としてエネオスで利用することもできますし、たまったポイントを使って素敵な商品と交換することもできますので、どちらもお得です。エネオスをよく利用するならエネオスPカードがお勧めです。

エネオスカードP


エネオスカードPはカードを使えば使うほどにポイントがたまりやすいカードです。エネオスだったら最大で3パーセントも還元してもらえますのでとってもお得です。エネオスなら利用した金額1000円ごとに、30ポイントもらうことができます。それ以外の一般の加盟店でも利用した金額1000円ごとに6ポイントもらえますのでこれはかなりお得といえるのではないでしょうか。たまったポイントはポイント有効期限は2年間なので、2年農地に使えば失効すること葉ありません。エネオスで使えば、1000ポイントは1000円換算で使うことができます。1000ポイントたまれば使うことができます。現金として使うこともできますし、素敵な商品と交換してもいいでしょう。

エネオスカードは3種類の種類がありますが、このエネオスカードPはとってもポイントがたまりやすいタイプのカードとなっています。年会費は1312円で、初年度のみ年会費は無料の設定です。家族会員は無料で利用することができるのでこれはお得ですね。エネオスカードPはポイントをしっかりためてお得に利用したいと思っている人にぴったりのカードなのです。ですからポイントをためられるお得なエネオスカードを作りたいと思っている人は、エネオスカードPがお勧めです。

エネオスカードC


エネオスカードはいろいろな種類があり、それぞれに特徴があります。エネオスカードCはどんなカードなのかというと、毎月カードを使った金額によってガソリン代が最大で一リットル当たり最大7円割り引いてもらえるというものですのでとってもお得なカードです。毎月エネオス、一般の店舗で1ヶ月にカード利用金額が、1円未満だったら一リットルにつき1円引き、1万円から2万円の場合には1リットルにつき2円引き、そして2万円から5万円の場合には、4円引き、5万円から7万円未満なら5円引き、そして7万円以上エネオスカードCを使っている人は、1リットル当たり7円引きでガソリンを入れることができますからとても便利でお得なカードです。

灯油は、いつでも1リットル当たり1円引きなのでこちらもうれしいですね。年会費は1312円で初年度は年会費が無料です。家族会員は無料となっていますので、エネオスでよくガソリンを入れるという人は、年会費を支払ってでもエネオスカードCを持っていればとてもお得にガソリンを入れることができますので、このカードを持つことを検討してみるといいかもしれませんね。家計の光熱費などすべてをエネオスカードで支払えば7万円くらいいくという人もいるでしょうから楽勝ではないでしょうか。

エネオスカード 法人


エネオスカードでは法人のカードも用意されています。エネオスカードの法人のカードはとってもお得で車を会社で使うという場合には持っていると色々と特典が使えるカードになります。法人向けのエネオスカードを持っていれば経理の面倒な手続きなどの合理化を図ることができますし、また車両を管理するのもとてもスムーズになります。内容としてガソリン代や軽油が全国のガソリンスタンドならどこでも契約価格で入れることができますので、ガソリン代の節約につながります。また、利用した代金の明細やネットから見ることができますし、その利用明細はダウンロードもできて加工も可能ですから、車両管理をしっかりとサポートしてくれてとても便利です。

エネオスカードの法人は入会金も年会費も無料なので持っているだけでとても便利なカードです。エネオスのガソリンスタンドで販売している商品やサービスに使うことができますし、ガソリン代もお得なので、法人で車を使う仕事の人には持っているととても便利でしょう。ガソリンは入会したガソリンスタンドで取り決めをした契約価格で利用することができるので、ガソリン代が今高いですからとても経費節約になるでしょう。カードは盗難、紛失保障つきなので万が一のことがあっても安心です。

エネオスカード Tポイント


エネオスカードでTポイントをためることができます。Tカードを持っていない人でも、エネオスのサービスステーションからTカードを申し込めば作ることができます。これはエネオスTカードという種類のエネオスカードです。こちらのエネオスTカードを作れば、エネオスのサービスステーションだけでなく、ツタヤ、ファミリーマートなどTポイントの提携している店舗で利用すれば金額によってポイントがたまる仕組みです。たまったポイントは、エネオスのガソリンスタンドで現金として使うこともできますし、一部の提携先で使うこともできますのでとってもお得です。エネオスのガソリンスタンドでは販売している商品に対して使うこともできますしためることもできるのです。

全国のエネオスでためることができて給油にも使えるのでとってもお得です。エネオスカードのTポイントがたまるカードはその場ですぐにつくれて、そして登録は携帯電話やパソコンから可能です。ためることはできても登録をしなければ、使うことができませんので、登録は必ず必要です。ひとまずためるだけにしておいて、使うときに登録をするという方法もありますが、できれば早めに登録をしておいたほうがいいですね。

エネオスカード ETC


エネオスカードのETCカードもあります。これはETCカードだけ単独でもつことはできないのですが、エネオスカードを持っていれば作ることができるカードです。高速道路をスムーズに通りたいと思っている人にぴったりなのが、このETCカードです。通行料金を支払わずにスムーズにキャッシュレスで通行することができます。ETCカードを申し込む場合にはエネオスカードを持っていることが前提ですので、持っていない人はまずはエネオスカードを作ることから始めましょう。ネットから手軽に申し込むことができます。エネオスカードをすでに持っているという人は、追加申し込みをすることになりますので、追加でETCカードを申し込みたいことを伝えてください。

これは電話連絡でもネットからの申し込みでも可能だと思いますのでどちらか便利なほうを利用するといいでしょう。エネオスカードではポイントがたまりますが、それと同様にこちらのカードを利用してももちろんETCを利用した分だけポイントがたまる仕組みですから、これはとても便利ですよね。エネオスカードと同じ利用明細書で管理をすることができるので一括で支払いの管理もわかりますのでとても便利です。カーライフをしっかりサポートしてくれます。

エネオスカード ポイント


エネオスカードは全国にあるエネオスでとても便利に使えるカードですが、そのエネオスカードで使った分のポイントがたまるのもうれしいですね。エネオスカードのポイントプログラムは、エネオスのガソリンスタンドでポイントがたまるのはもちろんなのですが、それだけでなく、ショッピングを普通のお店で利用してもポイントがたまりますのでとってもお得です。しかもたまったポイントは上手に使えば希望する商品と交換することができます。ポイントは、エネオスで利用するごとにつきますし、一般のショッピングでもたまるという事dすので、これはかなりポイントをスムーズにためることができるのではないでしょうか。

たまったポイントの有効期限は2年間となっています。ポイント獲得月から2年経過すれば1か月ごとに失効するので注意しましょう。ポイントがどれくらいたまったのか、エネオスカードのポイントを知りたい人は、トヨタファイナンスから送られてくる利用代金明細書に記載されるこのカードのポイント明細というところがありますので、こちらを見れば確認することができますので、手軽にチェックできます。たまったポイントでいろいろな商品と交換することができるはうれしいですね。

エネオスカード ETC

エネオスカード ETCは、高速道路の料金所がスムーズに通れるシステムです。小銭などを用意する必要もありませんし、快適にドライブができるので今持っている人はとても多いですが、ETCカードは有料道路通行料金お支払い専用のICカードです。車載器に入れれば料金所をノンストップで通過可能です。車載器、そしてETCカードは別々になっていますから、使う車両は特定されることがないので、レンタカーでもETCシステムがついているのなら自分の持っているカードで支払うことができるのでとても便利ですし、いつでも使うことができるのが特徴です。そして単独で作ることができないので、エネオスカードを作ったうえでETCカードも申し込みをすることになります。もちろん専用のカードとしてETCサービスを利用することができるのが特徴です。そして請求に関しては、大元のエネオスカードと一緒に請求書として届きますので、一括で支払うことができて便利です。

エネオスカード ETCはオンラインでも作ることができますし、カードをすでにお持ちの人は手続きは簡単で今あるカードにETCカードを追加申し込みするという形になりますのでとても簡単ですが、まだエネオスカードを持っていない人も新規の申し込みは手軽にネット上でできますので、まだETCカードを持っていない人は申し込みをするといいでしょう。

エネオスカード ポイント

エネオスカードのポイントはTポイントです。Tカードのエネオスカードですので、最初にスタンドで発行してもらえるエネオスカードを受け取って、そしてカードの裏面にあるTサイトにアクセスをして登録をすれば、ポイントの残高、利用履歴などを見ることができるようになります。この登録をしないまま使い続けていると、エネオスカードを出してポイントをためることはできるのですが、たまったポイントを商品やプレゼントと交換することや現金から値引いて使ったりすることができませんので必ず会員登録をしてから利用するようにしましょう。エネオスカードのポイントはとても便利です。エネオスでためることはもちろんですが、Tポイントカード加盟店でもポイントがたまり、今はかなり提携している店舗が増えていますので、とってもお得です。

たまったポイントはエネオスカードで給油や戦車をする際に利用することができますし、提携している会社の店舗でももちろん使うことができるのでとってもお得です。しかもエネオスの場合、セルフで現金払いをした場合でも、Tポイントを使うことができるのでためてすぐに使うこともできてとってもお得なのです。エネオスでガソリンをよく入れる人ならエネオスカードを持っていればポイントがどんどんたまるのでお得でしょう。

エネオスカードの審査

今やネットショッピングにスーパーの買い物にとあらゆる生活シーンで利用するクレジットカード。

学生や主婦でも持つことは可能で、働いている方はたいてい持っているはずです。

ですがいくら使いたくて申し込んでも肝心な審査が通らなければ使う事ができません。

ではエネオスカードの審査はどうなのでしょうか。

審査にはいくつかの方法があり、自動で審査をする「自動審査」、人の手で審査が行われる「手動審査」、カード会社から招待される「インビテーション」などがあります。

一般的にインビテーション以外の二つが多いのではないかと思いますが、エネオスカードの審査方法は手動審査だそうです。

エネオスカードはネットでは審査に比較的甘いという意見が多くでています。

システムが自動で処理してしまう自動処理に比べ、手動の方が有利だということでしょうか。

ですが体験談での判断だと思うので、あくまで参考の範囲です。

実際のところはローンの返済の遅延や、職業年数、年収、居住関係の問題がないかなど基本的なことだと思います。

クレジットカードの審査が通らないのには必ず原因があります。

その原因を把握し、通る基準を目指して信用状況や生活環境を改善していきましょう。

法人向けのエネオスコーポレートカード

法人用クレジットカードとは、 コーポレートカードとも呼ばれ、ほとんどが大企業ですが、法人を対象として発行可能になっている会社の経費決済用のカードです。

会社での出張費、接待費、消耗品購入などの会社の経費を精算する場合にに使用すると何かと便利です。

また、法人用クレジットカード利用分の明細は経理部門に行き、どの社員がどの交通機関や加盟店で使った金額がすぐに手間を取らず確認出来ます。

そういった意味では会社も社員も利点があるので便利なカードです。

「エネオスカード」でも法人向けのエネオスコーポレートカードを取り扱っています。

中でもENEOS BUSINESSカード(エネオスコーポレートカード)はとても利用者が多いようです。

年会費、入会費はかからず、ガソリン(ENEOSヴィーゴ・レギュラー)・軽油は、入会したSSを運営するカード発券店と取り決めた契約価格で、全国のENEOSサービスステーションにて利用可能です。

ガソリンが少しでも安くなることは現代の生活にとって、とても助かります。

現在、三菱UFJニコス発行のENEOS BUSINESSカード(NICOS)は廃止となり、2011年8月からトヨタファイナンス発行のENEOS BUSINESSカード(トヨタファイナンス)に切り替わります。

今年の8月より開始後再び利用者が増えるのではないでしょうか。